Insights

image

高解像度財務分析手法でどう見抜く? 小売業の不正

小売業を営む会社を分析対象として、そのビジネスの特徴やこれまでに発生した不正に基づき、高解像度財務分析手法の一例を紹介します

image

仕訳データによる高解像度財務分析手法

仕訳データをどういう切り口で見るとこれまでの集計値では分からなかった情報が明らかになるのか、高解像度な財務分析手法について紹介します
さらに高度な分析として、仕訳データに異常検知などのアルゴリズムを適用する効果と限界や将来の展望についてお話します

image

未来を切り開くデジタル人材の育成とAssurance 4.0

AI、IoT、クラウド、ブロックチェーン等の技術の進展に伴う社会やビジネスの変革の波は、監査業界にも押し寄せています

私たちが目指す未来の保証業務「Assurance4.0」の姿と、デジタルトランスフォーメーションを加速させる人材育成について紹介します

image

デジタルテクノロジーの台頭により多くの組織やビジネスが

ディスラプションに直面する中、デザイン思考が注目されています

デザイン思考の概要や活用事例とともに、デザイン思考が

会計監査に与える影響や監査先企業との共創を解説します

image

「空の産業革命」ともいわれるドローンの利用が拡大

利用が期待される産業ではどのように活用されているのか

そしてドローンによって会計監査はどのように変わるのか

image

ブロックチェーン技術が実装されつつある社会

ブロックチェーン技術は暗号資産(仮想通貨)のような「送金」の領域に限らず、第三者を介するビジネスモデルへの利用も可能です

ブロックチェーン技術の特徴と種類を解説し、世界におけるさまざま業務領域におけるブロックチェーン技術活用実例を紹介します

image

会計監査確認センターの利用による電子確認への移行

image

ビジネス文書のデジタル化と内部統制

ペーパーロジック株式会社 代表取締役 

公認会計士・税理士 横山公一

デジタルファースト法が参院本会議で可決され成立し、ビジネス文書のデジタル化の規制緩和も急速に進んでいます

デジタル化に関連する法規制を整理して紹介し、内部統制の構築に対する利点等についても解説します

image

財務情報の集約化と標準化は企業経営に何をもたらすか

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 山岡正房

デジタル技術の発達により、企業はグループ会社全体の財務情報を集約化・標準化できるようになっています

これは企業運営はどのような変革の機会をもたらすか、変革の実現にあたり何が求められるのかについても解説します

image

東京大学大学院経済学研究科 准教授 首藤昭信

近年の会計学研究では、企業の開示資料の「数値」情報だけでなく「文字(テキスト)」情報にも関心が向けられています

そのようなテキスト分析に関する研究成果を紹介した上で、会計監査への応用可能性を検討します

image

デジタル技術は会計監査をどのように変革させるのか

-未来の監査に向けた課題への対応

2020年代に到来すると予想される未来の監査の姿

その実現に向けてどのような課題が残されているのか

EYが取り組むDigital Auditの現状を整理し、今後どのような対応につなげていくべきか考えます

image

AIを活用したContinuous Auditing(継続的監査)で不正会計は見抜けるか

未来の監査Continuous Auditingに向けて、現時点で技術的にどこまで可能なのか、そして何ができないのか、不正会計の手口を踏まえて具体的に検討するとともに、将来の財務報告の在り方についても検討します

image

会計監査におけるプロセスマイニングの活用

近年注目されているイベントデータに関するデータ分析技術としてプロセスマイニングがあります

会計監査におけるプロセスマイニングの活用事例、その可能性および課題について紹介します

image

日本企業のグローバル化とデジタル社会に対応した監査

日本企業のグローバル化、さらにはデジタル社会に対応した監査の在り方について、当法人 松岡寿史が、東京大学大学院経済学研究科准教授である首藤昭信博士をゲストにお迎えしてお伝えします