Assurance 4.0への挑戦

デジタル技術の急激な進化が社会やビジネスを一変させる中、会計監査の世界も例外ではありません。次世代の監査を見据えたイノベーティブな開発はすでに始まっています。

私たちEY新日本が志向するデジタル時代に相応しいビジネスモデルがAssurance 4.0であり、会計監査業務では先端デジタル技術を駆使した深度ある監査「EY Smart Audit」の実現を目指しています。Smart Auditは、プロフェッショナルがこれまでの会計監査で培った知見・経験に、さまざまなデータとAIやAutomationといった先端デジタル技術を融合させることで、監査業務の生産性とリスク対応力を向上させます。

EY新日本有限責任監査法人 理事長 
片倉 正美


私たちはテクノロジーを積極的に活用する 一方で、人だからこそ可能となる監査人の深い会計や監査の知識を活かして、社会の期待や クライアントの皆さまのニーズに応えていきます。未来には、リアルタイムに近い財務・非財務情報への保証が可能となるでしょう。これは、投資家や経営者に提供できる価値を大きく変える可能性があります。このようなContinuous Auditing(継続的監査)をEY新日本がトップランナーとして進めていきたいと考えています。

Smart Audit A-202X

さらなるデジタル化が進んだ2020年代をイメージし、ある会計士の1日を描きました。

そこでは、監査に必要なデータに常時アクセス可能な環境下で、ロボティクスやAIを活用し異常な取引や不正の兆候をリアルタイムでモニタリングしていく継続的監査の世界が広がっています。

(再生時間:5分55秒)