EY Digital Audit
監査業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)

EY Smart Audit実現に向けて、監査業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)「EY Digital Audit」を推進しています。

EY Digital Auditは次の四つを基軸とし、連携、自動化、分析が新たな価値を創造します。

EY Digital Auditは、全世界共通の監査プラットフォームが支えています。さらなるグローバル化が進む監査先企業のビジネスにOne Global Auditで応えていきます。

EY新日本有限責任監査法人 Digital Audit推進部部長
EY Japanアシュアランス部門デジタルリーダー 
加藤 信彦


変化の激しい時代にあっても、一貫して会計監査の品質や信頼性の向上を追求し、社会に貢献していきます。そのためにも、最先端のデジタル技術を積極的に活用し、監査業務を変革し続けなければなりません。デジタル技術を活用し、会計監査のエコシステムの最適化を目指します。特に財務情報の集中化・標準化による監査先企業・会計監査人双方の利点や、契約書などビジネス文書における監査の留意事項を監査先企業に伝えることで、経営管理体制の強化と会計監査の高度化および生産性の向上につなげていきます。私たちはテクノロジーを積極的に活用する一方で、人だからこそ可能となる監査人の深い会計や監査の知識を活かして、社会の期待やクライアントの皆さまのニーズに応えていきます。未来には、リアルタイムに近い財務・非財務情報への保証が可能となるでしょう。これは、投資家や経営者に提供できる価値を大きく変える可能性があります。このようなContinuous Auditing(継続的監査)をEY新日本がトップランナーとして進めていきたいと考えています。

EY Digital Audit

EY Digital Auditのコンセプトとソリューションを紹介します。(再生時間:3分12秒)